banner

修復歴と事故車の違い

修復歴と事故車の違いを利用して買取や売却をする

中古車購入で気を付けたい点として事故車を選ばないことです。
インターネットで自分が目に付けた車を検索してみると、修復歴なしという文言が書かれていることがあります。
しかし、修復歴と事故車との概念が中古車販売の現場では大きく違いがあり、消費者は無事故と考える場合でも、実際は事故を起こしている場合があります。
なぜ、このようなことが起こるのかと言えば、修復とは車の骨格が損傷を起こすほどの大きな事故であった場合に修理がされている車は修復歴ありとなり、取替えがきく部品のみで交換済みとなっていれば修復ではなくなります。
大抵の場合、骨組みにまで損傷が及んでいないと、購入後の走行やエンジンのコンディションにおいてそれ程影響はないと考えられるため、とくに気にはしなくともよいのですが、その車は買い取られる際に修理痕があればその分安く買取られているはずです。
しかし、一方では販売となると、事故歴をカウントせず、修復歴無しとして販売しているのが現状です。
部品交換が済んでいる場合、交換されている部品は再塗装がしてあることは間違いありません。
そのため、経年で塗装の質が変わってきて、再塗装部分ともとの塗装の部分とが色の違いが出ることがあります。
業者は中古車取り扱いのプロであるため、修理箇所をしっかりと見抜き、なぬべく安く買取りをしようとします。
そして、いざ転売となれば新たなユーザーに本当のことは言わず、修復と言う言葉を巧みに利用して事故車でも、きれいに修理して販売することがあります。
購入する際に再塗装歴があるかないかを確認しましょう。

次に事故を起こしてしまった人がその車を処分する時の方法をお話しましょう。
事故車となれば車両価値は著しく落ちます。
年式によっては車両価値はほとんどないということもあります。
ただ、事故車と言えども、無価値ということはありません。
ボディーのみの損傷である場合に、エンジンルームの中の機械部品や電子部品はリビルド品として再生に回ります。
まだ使える部品は中古品としてオーバーホールされ、修理に回されます。
この部品を使用することで、修理工場は大きなコスト削減となり、消費者にも安く部品提供が出来ます。
しかも、事故車でも買取りをする業者にとっては仕入れであるため喜んで買取ってくれます。
買取りをする車が酷い損傷で部品も取れないという場合でも、車には多くの高価な金属が利用されているため、無価値ではありません。
事故車でも業者にとっては宝の山であると言えます。

Copyright(c) 2018 その事故車もしかしたら売れるかも?All Rights Reserved.